社内のメンタルヘルス対策と、障害年金の社労士事務所「岡村社会保険労務士事務所」です。川口駅西口から徒歩3分、落ち着いた空間の中で、親身にご相談を伺います。

<<  2018年12月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
フォームからのお問い合わせ

岡村社会保険労務士事務所
〒332-0015
埼玉県川口市川口
4丁目2-36
コスモ川口ステーション              フロント2203
TEL: 048-299-6706
FAX: 048-299-6716

アクセス
会員専用サービス 資料ダウンロード
お役立ち情報
マネーの達人 コラム
社会保険労務士個人情報保護事務所 認証番号141689

お役立ち情報

飲酒の無理強いは労災です!  [2017年01月23日]
ロケで「一気飲み」労災死認定
ttps://www.rosei.jp/jinjour/article.php?entry_no=61950&bk=


中国でのロケ中に取材先とアルコール度数の高い白酒(パイチュウ)の一気飲みを繰り返した後に死亡したのは労災であると東京地裁は判断しました。

中国をはじめ、アジアではお酒を断ると仕事がしづらい風潮があります。逆に極端ですが、酒さえ飲めれば何とかなるという面もあります。中国だけでなく、ベトナムなどでもそのような風潮は強いです。しかしながら、白酒(パイチュウ)のようなアルコール度数の高い(多くは50%以上!!)お酒を、周囲の雰囲気に負けてほぼ業務の延長線上で飲み、不幸にも亡くなってしまったのだから、労災であるという東京地裁の判断は画期的であると考えます。

今回は労災請求でしたが、もしお酒が弱いとわかっていたにもかかわらず、飲まざるを得ない状況を会社として放置していた場合、会社は民事上のリスクも負う可能性があります。

海外出張や駐在者は、日本と異なる文化圏で孤立無援で頑張っていることが多いです。海外で頑張る人がより頑張れる環境作りがとても大事です。

テーマ:その他
Posted at 08:00